スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れボストン旅行 その6 ~4日目~

2010/10/09 Sat

出国から帰国まで、8日に渡る今回の旅行も、
ボストンに滞在して動けるのは、丸5日だけ。

早くも4日目。旅も終盤です。


この日は、友人&8ヶ月の娘ちゃんと、私、3号くんで、
ボストンこども博物館(Boston Children's Museum)へ行きました。

DSCF3803

ボストンに着いた日からそれまで、ずっと天気が良かったのだけど、
この日はあいにくの曇り空。海の近くの川沿いだったので、
風が強くて、ベビーカーごと飛ばされそうでした~

中は1階から3階まで、子どもが走りまわって遊ぶエリアがいっぱい。

DSCF3804

なぜか、たくさんゴルフボールを抱えてます(笑)

DSCF3805

リアルな赤ちゃん人形もいたよ。


DSCF3816

男の子に人気の工事エリア。
ヘルメットかぶって、なりきってる子もいましたよ。
1号くんや2号くんが来たら、喜んだだろうな~


DSCF3813

こちらは、ボストンの街並みを再現した(ような感じの?)エリア。


DSCF3814

3号くん、張り切ってお買いものです♪


DSCF3815

レジの女の子も張り切っていましたよ。
「全部でいくら?」って聞いたら、「1ドル」だって(笑)
大サービスだわ~


あと、ボストンは京都と友好姉妹都市らしく、
日本の小学校の様子が再現、展示されていました。

親日家も多いらしく、そういえば、2年間JETプログラム
(日本の小学校で英語を教えるために、
ネイティブスピーカーが派遣される制度)で、
熊本に住んでいたというスタッフもいました。

DSCF3808

さくら小学校。うん、ありそう、ありそう(笑)

DSCF3809

給食とか、ボードの展示物とか、割とリアルで面白かったな~
そうそう向こうは、給食という概念がないので、珍しいのね。


DSCF3810

日本の家は、こんな感じです、と。
こじんまり感がね、リアル(笑)

DSCF3811

「昭和かよ!」と突っ込みを入れたくなる部屋も
ありましたが(笑)、
全体的には、ありえないだろーというほど、
典型的な日本を大げさに表現している感じはなく、
ほど良い感じに、再現されていたと思います。


あとここのトイレが、かわいかった。

DSCF3806

この絵本、知ってますか?

DSCF3807

五味太郎さんの『みんなうんち』。
我が家のお気に入りの一冊でもあります。



「Everyone poops」って、言うんだね。




そうそう、トイレといえば、ボストンのトイレ事情。
子連れ旅行で、オムツ替えがどこでできるかというのは、
重要なポイント。


ところが、そうそう優しくないんだな~。
身障者用に、車椅子が入れる個室はあっても、
オムツ替えシートのあるところは、
街の中には、ほとんどない。

水族館、美術館、こども博物館にはあったけれど、
レストランやコンベンションセンターにはなし。

一度、ホテルのロビー奥に駆けこんで、
シートがなかった時は、
「なんで~???」と思っちゃった。

シートもみんな固いプラスチックだしね。
日本みたいにクッションがあるシートは皆無。
どうりでみんな、チェンジングシートを自分で持ってる訳だ。
(ケイトスペードのママバッグとかに、
標準装備されてて、「それって、いる??」
とか思ってたんだけど)

おかげで、立たせたままオムツ替えとか、
バッグの上に寝かせてオムツ替えとか、
結構な離れ業も駆使しましたよ(苦笑)

オムツと言えば、向こうはテープタイプが主流。
歩けるようになるとパンツ型(向こうではプルアップと言う)
をはかせる日本に対して、
アメリカでは、2~3歳になってもテープ型。
プルアップもあることはあるけど、あまり使わないみたい。
(初日に、ターゲットで滞在中のオムツを買う時に、
友人と話していて、その違いが発覚)

何でかな~と思っていたけれど、
外でオムツ替えをしていて、納得。

テープタイプだと、靴を履かせたままで、
オムツが替えられるのだね。

おそらく家の中でも靴をはかせているうちが多い
アメリカでは、そっちの方が便利なのだろうね。

オムツ一つとっても、国によって事情が違うんだなと、
思わず、「ガッテン、ガッテン」しちゃいました。


後半は、トイレやオムツの話ばかりになったけれど、
今日は、この辺で~




ポチっとしてもらえると、励みになりま~す♪
↓↓↓



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

子連れボストン旅行 その5 ~3日目後半~

2010/10/07 Thu

ボストン3日目、午後2時ごろ友人と合流し、
遅めのランチへ向かいました。

行ったのは、Summer Shack(サマーシャック)という、
シーフードレストラン。

DSCF3782

子連れだし、カジュアルめのレストランにしました。


DSCF3780

ロブスター、ムール貝、カニサラダ。

DSCF3781

クラムチャウダーも。


ロブスター、プリップリで美味しかったぁ♪
お腹いーっぱい、食べました!


その後は、ボストンコモン(街の中心地にある、
日比谷公園のような大きな公園)へ
歩いて向かおうとしたのだけど、
母さん、どうしても乗ってみたいものがありました。

一人で行動しているときに、COPLEYで見かけた、
人力車のように車を引いている自転車。
東南アジアでいう、ベロタクシーのようなものが、
ボストン市内を走っているのです。

「あのお兄さん、いないかな~」と見まわしながら、
歩いていたら、はるか前方に、「いた!!」

一生懸命追いかけようとするものの、
そのベロタク自転車は、車道を走っているので、
なかなか距離は縮まらず。

「でも、乗りた~い!」とがんばって、
ベビーカーを早歩きで押しながら(走りながら!?)
追いかけて、しばらくして、停まっていたお兄さんに、
追いつきました。

「ボストンコモンまで、いくら?」

と聞くと、料金は何とチップだけだと言う。

じゃあ、乗せてもらおうと、乗りました。

DSCF3783

全体像の写真がないので、この写真だけでは
何の事だかわからないかもだけど、
このお兄さんがこぐ自転車の後ろについた
人力車のようなものに、私と友人と3号くん
(+ベビーカー)が乗っています。

DSCF3786

意外と早くて、風が気持ちいい~♪
しかも、歩いている人を横目に、
スイスイ~っと走るのは、
とても気持ち良かったです。

ボストン市内に25台走っているらしいのだけど、
1年以上ボストンに住んでいる友人も、
この存在は知らなかったそう。

チップを払い慣れていないので、
いくら払ったらよいのか迷いましたが、
おそらく普通のタクシーに乗ったときに
かかるであろう分くらいを渡しました。


ボストンコモンに到着。

DSCF3788

池などもある、本当に大きな公園。
市民の憩いの場という感じで、
スポーツをしている人がいたり、ライブをやっていたり。

友人はここで、授乳のために帰宅。
私と3号くんだけで、のんびり過ごします。

DSCF3789

そして、やっぱりここにもリスがいました。

DSCF3790

3号くん追いかけて遊びます。


ここにも、子どものプレイグラウンドがありました。

DSCF3792

夕方だというのに、結構な人。

DSCF3793

よくある複合遊具。
ボストンでは、こんな感じのプレイグラウンドに
何箇所か立ち寄りましたが、
みんなこんな感じで、きれいでした~

DSCF3794

かわいい、カエルの置きもの(っていうのか!?)。


さらにこの後、ギャラリアという、
一般的なショッピングモールにも立ち寄りました。

DSCF3796

結局ここでは何も買わなかったのだけど、
一通り見て、もう満足。
昔に比べると、物欲減ったな~。


そんなこんなで、盛り盛りだくさんの3日目でした~




ポチっとしてもらえると、励みになりま~す♪
↓↓↓



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

子連れボストン旅行 その4 ~3日目前半~

2010/10/05 Tue

ボストン滞在3日目の土曜日。

毎週やっているという、近所のファーマーズマーケットへ
行きました。

DSCF3772


地元産の野菜や加工品など。

DSCF3769

ボストンは、地元愛好の傾向が強いらしく、
地産地消に意識も高いそう。


DSCF3770

切り花のブーケも可愛かったなぁ。
これで、5ドル。
こんな色合いの花をお家に飾ったら、
ウキウキしちゃうだろうな~


DSCF3972

パッケージが可愛い、地元メーカーの、
オーガニックチョコレートを買いました♪



このあとは、後ほど彼女と合流する約束をして、
私と3号くんでお出かけすることに。

前の日にバスや地下鉄に乗って、一緒に移動したので、
ボストンの地理もだいぶ分かってきたし、大丈夫!

街の中心地、COPLEY(コープリー)に行きました。

DSCF3776

トリニティ教会と、コープリースクエア。
ボストンは、歴史ある古い建築物が多いので、
アメリカというより、ヨーロッパに近い雰囲気です。


DSCF3777

これは、公共の図書館。立派!


DSCF3774

思わず撮ってしまった。可愛いバス。
スクールバスかな?


DSCF3775

これがバーニーズニューヨークや、コーチ、ラルフローレンなどが
入っている、高級めのショッピングモール。


コープリーから、少し歩いたところにある、
ニューベリー通りは、表参道のような雰囲気。

DSCF3778

昔の同潤会アパートのお店みたいな感じ。
ベビーカーで見て回るのは、絶対無理!
このベビーカーに優しくない街の感じは、
代官山に似ているかも。

でもこの街の雰囲気は、すごく好き♪

ここにある、Life is goodのお店で、
父さんと、父さんの弟のおみやげに、Tシャツを買いました。
(今見たら、日本語のサイトがありました↑)

ここで友人と待ち合わせて、遅めのランチへ。
ボストンは海沿いの街ということで、
ロブスター料理が名物なのです♪

長くなってきたので、この辺りで~





ポチっとしてもらえると、励みになりま~す♪
↓↓↓



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

子連れボストン旅行 その3 ~2日目~

2010/10/04 Mon

ボストン滞在二日目。

この日は早くから活動しようと思っていたのに、
時差ボケで、3号くんが夜中2~5時まで起きていたので、
早起きできず。

実は、前の晩も夜中の2時半ごろに起きだして、

「アムアム(何か食べたい)」

と言うので、ご飯をお茶碗に一杯、食べたのでした。

時差13時間。大人でも大変なのだから、
1歳10ヶ月の3号くんが簡単に調整できるわけないのよねぇ。

う~ん、滞在中ずっとこれだと大変だなぁと思いつつ、
お昼前に仕度を終えて、家を出ました。


この日は、友人が休みを取ってくれたので、
みんなでニューイングランド水族館へ。


DSCF3765

3号くんが指を指しているのは……

DSCF3763

コレ。

DSCF3762

ペンギンです。可愛い~♪

DSCF3764

夢中で、いろいろな魚を見ていました。


併設のカフェで、遅めのランチをとった後は、
地下鉄でハーバードへ移動。

ボストン市内は、コンパクトなので、
バスと地下鉄でどこでも移動できるのだけれど、
地下鉄の作りが古くて、バリアフリーの移動はひと苦労。
本当は、だっこひもなどを使って移動する方が
良いのだろうけれど、
途中で寝たりすることを考えると、
ベビーカーは欠かせないんだよねぇ。
(ちなみにアメリカでは、ベビーカーのことを、
ストローラーと呼ぶ)


そんなこんなで移動して、かの有名なハーバード大学へ。
生協で、ハーバードグッズをおみやげに買い、
構内の芝生でのんびりしました。

DSCF3767

芝生の広場には、チェアが置いてあって、一般開放しているのです。

道を歩く学生を「この人たち、すごーく頭いいんだよな~」と、
眺めながら、友人とおしゃべり。

3号くんは、葉っぱを拾ったり、リスを追いかけたり。

そうそうこの辺りは、ハトのように自然に、
リスがアチラコチラにいるのです。

DSCF3766

これがハーバードにいる、超頭の良いリスです(笑)


帰りはベビーカーを2台押しながら、
のんびり歩いて帰りましたとさ。

今日は、この辺で~




ポチっとしてもらえると、励みになりま~す♪
↓↓↓



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

子連れボストン旅行 その2 ~1日目~

2010/10/02 Sat

1歳ほぼ10ヶ月になる3号くんを連れてのボストン旅行。

乗り継ぎのニューヨークで、悪天候のため、
+3時間も足止めをくらうというハプニングはあったものの、
無事にボストンの空港で、友人と約3年ぶりに再会。

この日、誕生日だった母さんのために、
パンプキンパイを焼いていてくれました♪

家に着いたのが深夜だったので、
パンプキンパイは翌朝食べることに。

DSCF3759

朝ごはんは、彼女のダーリンが作ってくれた、
エルサルバドルのブレックファースト。

揚げたバナナとか、豆のペーストとか。
美味しかったな~


彼女たちの住まいは、築150年というアパートメント。

DSCF3801

入口が3つあって、そこを入ると、
さらに1階ごとに玄関があるので、
この建物に、9世帯が住んでいます。

彼女たちは「ボロくて、狭い!」と
嘆いていましたが、
私から見ると、映画みたいでカッコイイ
お家でしたよ~。

DSCF3799

バルコニーからは、緑も見えて、いい感じ♪

DSCF3800

隣の家との間にフェンスもないという、
何ともおおらかな造りでした。


移動の疲れ+時差ぼけもあったので、
この日は、ゆっくり起きて、
近くのターゲットというスーパーでお買いもの。

ここで服やおもちゃ、お菓子などのおみやげを
買いました。

たぶんここに2時間くらいいたかも。
やっぱり、買い物って楽しいな~


帰り道、近くの公園に寄りました。

DSCF3760

街並みに合わせて、シックな色合いの遊具。

最近は日本でもこういう輸入遊具を
見かけることが多いので、
あまり特別な雰囲気ではなかったかな。

でも周りがフェンスに囲われていたり、
床が柔らかい素材でできていたり、
安全面がすごく配慮されている感じがしました。

今日は、この辺りで。明日に続きま~す♪




ポチっとしてもらえると、励みになりま~す♪
↓↓↓



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

テーマ : 子連れ旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

かるがも母

Author:かるがも母
母さん:専業主婦。第4子を妊娠中~

父さん:テーマソングはファンモンの「ヒーロー」。仕事も子育てもがんばる日本のサラリーマン。

1号くん:かるがもファミリーの長男。小2。好きなもの→サッカー、レゴ

2号くん:かるがもファミリーの次男。年長。好きなもの→お絵かき、工作、最近、サッカー始めました。

3号くん:かるがもファミリーの三男。甘えん坊の末っ子、年中。好きなもの→トイストーリー、なっとうご飯

リンクフリーです。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。