スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『銀色ナイフ』

2010/05/27 Thu

本は、読むときと読まないときと、波がある。

昔は、電車の移動は必ず本を読んでいたけれど、
子育てどっぷり生活にはまってからは、電車の移動もないので、
常に何かを読んでいる、という状態にはない。

母さんの読書は、一気読破型。

ミステリーが多いので、途中でやめられず、
子どもが寝た後に読み始めて、父さんが帰ってからも読み続け、
ついつい夜更かしまでして読みたくなり、
父さんに「朝、ちゃんと起きろよ」と釘をさされる。

井坂幸太郎と東野圭吾は、文庫本が出たのを見ると、
すぐ買ってしまう。あと、「本屋大賞」の帯にも弱い(笑)。


前ふりが長くなったけど、『銀色ナイフ』は、銀色夏生のエッセイ。

中学生の頃、銀色夏生が好きで、本を何冊も持っていた。
少ないおこずかいを出して買っていたのだろうから、
きっと、すごく好きだったのだろうね。

数年前、本屋さんで『銀色ナイフ』を見つけて、
「懐かしいな~」と思い、買ったものの、なかなか読む気にならずに、
本棚に眠っていた。

それが目にとまって、先日、一人お出かけの時に持って行って
読み始めたのでした。


世の中の、「これっておかしいよね」とか「こういう人っているよね」とか、
そういうことをずばずば斬ってるんだけど、
それがいちいち「あ~、そうそう」「わかる、わかる!」となって、気持ちいい。

耳が痛い、ところもあるけれど。
「個人のブログは嫌い」とか言ってるし(笑)。

著者は自分で、辛口、優しくないとか言ってるけど、
私は、この人は愛があるな~と思う。

人間関係で、自分の立ち位置に迷いがあるときに読むと、
「こうすればいいじゃ~ん」って、吹っ切れると思うな。

そう、自分の好きなようにやればいい。


今は、幼稚園のおつき合いが少なくて、
とんでもなく合わない人や理不尽な人と関わることがあまりないけれど、
きっと、これからはいろいろあるんだろうなぁ。

また、読み返すだろうな~、と感じた一冊。


本棚を探してみたら、あった。銀色夏生の本。
20年前に中学生の私が買った本。捨てられなかったんだなぁ。

詩とエッセイ、形は違うけれど、
時間を超えて、同じ人の書いたものに共感したってこと、
何だか感慨深いよなぁ。




あなたのポチリで、元気がでます。
↓↓↓



にほんブログ村 子育てブログ 3人兄弟へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

自分にとって思い出の一冊があるっていいですね。v-410

私はあまり本を読む方ではないのですが・・・うちの父が本大好き
人間で、よく小さい頃に図書館に連れていってもらっていました。

phpという単行本?は短くてなるほどと感心することが書かれてるのでたまに読んでます。

本を読む時間も大切ですよね。

「銀色ナイフ」・・・探してみようかな?

好きな人

こんにちは~。

好きな作家さんの本は、久し振りに会う恋人とのデート
のように、読む前にドキドキしてしまいます~。たはっ

>時間を超えて、同じ人の書いたものに共感したってこと、
>何だか感慨深いよなぁ。
そうなんですよね・・・自分の心にぐっとくる言葉を与えてくれる
作家さんとは、長く付き合っていきたいなあと思います。
銀色さん、お好きなんですね~。私も読んでみます。

私が今好きなのは森見登見彦さんです。構成が凝ってて、
イッキに読める本です。機会があったらぜひ♪

ゆい・みづ・ちいママさんへ

本を読む時間、うまく作りたいですね~。
私の場合ハマっちゃって、他が手に付かなくなるので、
ちょっと注意が必要なんです。。。

本って、読んだ時によって心に響くところが違うので、
面白いですよね。

のりぶうさんへ

読書が恋人とのデートだったら、
私はずいぶんがっついてるなぁ(笑)

森見登美彦さん、『夜は短し~』の人ですね!
気になってたけれど、読んだことはないのです。
何かの評かインタビューで、「独特ワールド」かぁと思い、
ちょっと尻込みしてましたが、踏み入れてみようかしらん。

No title

おお♪銀色夏生さん、私も大好きですv-343
私が、高校生の時(ここで、年がばれる^^;)「これも同じ一日」を読んで、「こんな世界があるのか!」と、衝撃をうけました。

主婦になってからは、「つれづれノート」のファンです。
私は本を、99パーセント図書館で借りるのですが、この「つれづれシリーズ」だけは、毎年自分で購入しています^^。

銀色さんの、エッセイには「はっ!」と、させられたり、「そうそう」と、共感することが、多いです。
「銀色ナイフ」は、読んでなかった・・・。
「個人のブログはきらい」とは・・・ちょっとショックですi-229

そらきりんさんへ

そらきりんさんも、好きだったんですね!
好きなものがいろいろかぶって、
ますます親近感沸いちゃいますね~。

私は、ホント十何年かぶりに銀色夏生さんの本を
読みました。
もともとエッセイはあまり読まないのですが、
こんなにいろんな発見があるエッセイは、
そうそうないですよね。

私も、図書館通いしたいんですが
(買ってると、モノも増えるし・・・・・・)、
なかなかそういうサイクルができなくて。
でも、やっぱり行くようにしたいなぁ。

つれづれノートも探してみます。
プロフィール

かるがも母

Author:かるがも母
母さん:専業主婦。第4子を妊娠中~

父さん:テーマソングはファンモンの「ヒーロー」。仕事も子育てもがんばる日本のサラリーマン。

1号くん:かるがもファミリーの長男。小2。好きなもの→サッカー、レゴ

2号くん:かるがもファミリーの次男。年長。好きなもの→お絵かき、工作、最近、サッカー始めました。

3号くん:かるがもファミリーの三男。甘えん坊の末っ子、年中。好きなもの→トイストーリー、なっとうご飯

リンクフリーです。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。