スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合羽橋で包丁を買う

2010/03/09 Tue

先週の話ですが、合羽橋に行ってきました。

合羽橋とは、浅草にほど近い、料理道具や食器などの問屋・専門店が並ぶ商店街。

私が前から包丁を買いに行きたいと訴えながらも、土曜は午前中までしか空いてないし、
日曜が休みということで、なかなか行けないでいたのでした。

この日は父さんも有休でお休み。
1号くんと2号くんを、おじいちゃんとおばあちゃんに託し、
3号くんだけベビーカーに乗せて、おでかけ♪


結構、料理をする方だというのに、我が家の包丁は、私が一人暮らしをしていた時に使っていた、
ホームセンターなどで買った廉価なもの。

最近のデザイン系包丁といえば、刃と柄の部分がつながった、一体型が人気。
うちでもグローバル 牛刀18cm (G-55)を検討したこともありましたが、




私の料理本愛読書、『LIFE なんでもない日、おめでとう!のごはん。』 の著者、
フードスタイリストの飯島奈美さんが、何かの記事で、

「包丁の柄は、木の方がしっくりくる」

と言っていたのを読んで、「そうだよね~!」と強く納得して、
やっぱり、包丁は自分で持ってみて選ばなくちゃ!と思い、なかなか買えずにいたのでした。


で、とうとう来ました、合羽橋!

kappabashi

実は結婚当初も、ここで結構モノをそろえたので、たぶん6年ぶりくらい。

ほとんどの店が17時半には閉まってしまうというのに、着いたのは16時半。
あ~、時間がない!

目星をつけていた、ヘンケルス釜浅商店支店を大急ぎで回りました。

そして、やっぱり釜浅商店でお買い上げ。

asakama

名入れをしてもらうことにして、後日送ってもらいました。

それが、こちら。

hocho

裏の刃の部分に名前を入れてもらいました。


包丁って、メーカーさんが自分のブランドで売り出しているものと、包丁屋さんなどから注文を受けて
作っているものがあるそうで、デザインなどは当然それぞれ違うのですが、
材質や作りなどが同レベルの物で比べると、やはりブランドになっているものは割高になるそう。

そこでブランドにはこだわらず、握った感じと、重さなどだけでしっくりくるものを選びました。


この写真では、なかなか伝わらないと思いますが、いいんですよ!
使ってみたら、もう。今までの包丁とは天地の差!
簡単に指を切り落とせそうです(危ない、危ない)。

今日のメニューはいつもの肉じゃがでしたが、なんだか料理の腕も上がった気がします(笑)。


もっと早く買っとくんだったな~



←みなさまの応援、よろしくお願いしま~す★

スポンサーサイト

テーマ : おすすめ生活雑貨
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメント

Secret

プロフィール

かるがも母

Author:かるがも母
母さん:専業主婦。第4子を妊娠中~

父さん:テーマソングはファンモンの「ヒーロー」。仕事も子育てもがんばる日本のサラリーマン。

1号くん:かるがもファミリーの長男。小2。好きなもの→サッカー、レゴ

2号くん:かるがもファミリーの次男。年長。好きなもの→お絵かき、工作、最近、サッカー始めました。

3号くん:かるがもファミリーの三男。甘えん坊の末っ子、年中。好きなもの→トイストーリー、なっとうご飯

リンクフリーです。


最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。